読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美しく・元気で・長生き・健康ライフ

美しく・元気で・長生きする為のニュースや話題などをお知らせしています。


スポンサーリンク

「歯周病は気圧や気温の変化があった3日以内に、急激に悪化する」岡山大学の研究グループが発表

ライフ・スタイル 健康・疾病 医学 発明・発見 話題・ニュース 社会・生活

岡山大学の研究グループは、歯周病患者2万人を調べた結果、歯周病は気圧や気温の変化があった3日以内に、急激に悪化することを突き止めたと発表した。

 歯周病は、40歳以上の日本人の8割がかかっているといわれ、歯を失う原因の約4割を占めている。初期では、歯と歯ぐきの境目が赤く腫れたり、出血する(歯肉炎)だけだが、これがさらに進んで歯周炎になると、歯と歯ぐきの隙間が広がって歯周ポケットが深くなり、歯を支える組織が壊れて歯がグラグラ動く状態になる。

 歯周炎はその進み具合から軽度~重度の3段階に分けられるが、急激に悪化すると腫れがひどくなり、強い痛みを伴うこともある。

 岡山大大学院の森田学教授と竹内倫子助教のグループは、大学病院の歯科を受診している安定した状態の歯周炎患者2万人を対象に、病状が急激に悪化したときの状況を調査した。


 グループは、歯周炎が急性期症状を発症した症例のうち、原因が歯科関係に起因するとは考えにくいケースに注目。その結果、台風などの影響で気圧が大きく下がったり、気温が急に暖かくなるなどの「気象の変化」があった日の1~3日後に、歯周炎が急激に悪化して、ひどい痛みや腫れが起こりやすくなることが明らかになった。

 森田教授は「メカニズムはまだ不明だが、気圧や気温の変化がホルモンの分泌や循環器系に影響し、慢性歯周炎の急激な悪化を引き起こした可能性がある」として、この研究成果を進めて、歯周炎の悪化がいつ起こるかという予測に役立てたいと話している。

 

 なおこの論文は、「International journal of environmental research and public health」電子版に掲載された。

 


■「きょうは気温の上昇が急激でしたので、あすは歯茎の炎症などの症状が出やすいでしょう」―。将来、こんな予報が出されるかもしれない。天候が歯や口の健康に影響している可能性があることが、岡山大大学院の森田学教授と竹内倫子助教=ともに予防歯科=らのグループの研究で分かった。気圧、気温の変化が歯茎の痛みや腫れといった歯周病の急性症状に関与していることが予想されるという。

 天候の変化による病気の発症は「気象病」「季節病」と呼ばれ、脳梗塞、頭痛、うつ病、神経痛などが知られている。

 グループは2011年11月~13年11月、岡山大病院予防歯科を受診した患者延べ2万34人のうち、原因の分からない急性症状が出た県南の男女153人(平均年齢68・7歳)を対象に調査。岡山地方気象台のデータを活用し、発症時の気象条件を分析した。

 その結果、1時間ごとの気圧が急激に低下した日の2日後と、1時間ごとの気温の上昇が大きかった日の翌日に発症するケースが多かった。過去の研究報告なども加味すると、気圧や気温の変化が交感神経に影響したり、気圧の低下が歯周病の原因細菌の増殖に関与したりしている公算が大きいとみられる。

 竹内助教は「さらに研究を重ね、天気予報のように“歯周病注意報”が出せる仕組みを作りたい」と話している。

 

★歯周病

歯周病(ししゅうびょう)とは、歯肉、セメント質、歯根膜および歯槽骨より構成される歯周組織に発生する慢性疾患の総称である。歯周疾患(ししゅうしっかん)、ペリオ (perio) ともいい、ペリオは治療のことを指すこともある。ただし、歯髄疾患に起因する根尖性歯周炎、口内炎などの粘膜疾患、歯周組織に波及する悪性腫瘍は含まない。


生活習慣病のひとつ。歯垢(プラーク)を主要な原因とする炎症疾患が多いが、単に歯垢のみでなく、多くの複合的要因によって発生する。また、歯垢が一切関係ない(非プラーク性)歯周疾患も多数存在する。さらに、原因因子には個人差があり、歯周病の罹りやすさや進行度合いは人によって違う。

歯周病のうち、歯肉に限局した炎症が起こる病気を歯肉炎(しにくえん)、他の歯周組織に及ぶ炎症と組織破壊が生じている物を歯周炎(ししゅうえん)といい、これらが二大疾患となっている。歯肉炎で最も多いのはプラーク性歯肉炎(単純性歯肉炎)であり、歯周炎のうちで最も多いのは慢性歯周炎(成人性歯周炎)であるため、歯肉炎、歯周炎といった場合、それぞれ、プラーク性歯肉炎、慢性歯周炎を指すのが一般的である。

6年に一度行われる歯科疾患実態調査によると、日本においては歯周疾患の目安となる歯周ポケットが4mm以上存在している割合が、平成23年調査では45歳以上の人で約半数に達しており、また、高齢者の歯周疾患患者が増加していることが示されている。ただし、前回までと比較して調査方法の厳密化がなされていることから、単純比較は出来ないのではないかとされている。また、8020運動の推進などにより、残存歯数が増加していることも歯周疾患の増加に関わっていると考えられている。但し、85歳以上では残存する歯が減少するため一見した患者数は減少する。

歯周病は人類史上最も感染者数の多い感染症とされ、ギネス・ワールド・レコーズに載っているほどである。