読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美しく・元気で・長生き・健康ライフ

美しく・元気で・長生きする為のニュースや話題などをお知らせしています。


スポンサーリンク

乳幼児に肺炎などを引き起こすRSウイルスが東京や大阪など38都道府県で拡大

健康・疾病 医学 四季・春夏秋冬 社会・生活 話題・ニュース

乳幼児に肺炎などを引き起こすRSウイルスが東京や大阪など38都道府県で拡大していることが20日、国立感染症研究所の患者報告で分かった。患者数が1.5倍に増えた大阪府は「今後の動向に注意が必要」と指摘。2週連続で増えた東京都も「過去5年平均より高い値で推移している」として注意を呼び掛けている。

■近畿や東北で軒並み増加、うがいや手洗いの周知も

 5日から11日までの週の患者報告数(小児科定点医療機関約3000カ所)は、前週比40%増の3696人。全国の報告数は2週連続で増えており、東京都や大阪府など38都道府県で前週を上回った。

 都道府県別では、東京が398人で最も多く、以下は大阪(266人)、神奈川(187人)、北海道(159人)、埼玉(158人)、福岡(157人)、宮城(153人)、山形(140人)、愛知(137人)、千葉(133人)、福島(130人)、広島(125人)、新潟(120人)などの順だった。

 近畿では患者報告数が軒並み増加した。前週比51%増となった大阪府では、大阪市の北部や西部などからの患者報告が目立っているという。患者が増加傾向にある奈良県は「感染経路は飛沫感染と接触感染のため、手洗い、うがいが有効」としている。

 東北6県でも感染が拡大しており、患者が倍増した山形県は「県全体の定点当たり報告数が、過去5年平均よりも多いレベルで推移している」と指摘。宮城県も報告数の増加が見られ、仙台医療センターウイルスセンターでもRSウイルスの病原体が多く検出されているという。

■目立つ乳幼児の感染、愛知では2歳未満が7割

 乳幼児の感染が目立っている。患者報告数が前週比54%増となった愛知県は「2 歳未満の報告数が全体の69.3%を占めている」と指摘。県内の患者報告数が2週連続で増えた福島県も「特に生後数週間‐数カ月の時期に感染すると、重篤な症状を引き起こしやすくなるため注意が必要」としている。

 RSウイルスは、呼吸器感染症の1つで、感染から2-8日後に上気道炎、気管支炎、細気管支炎、肺炎などの症状が現れる。患者のほとんどは軽症で済むが、小児を中心に重症化するケースもある。

■赤ちゃんに肺炎や気管支炎を起こす「RSウイルス感染症」が流行しています。例年冬に流行することが多い感染症ですが、どういう症状が出るのでしょうか。

.

最初は風邪のような症状

 RS(呼吸器合胞体)ウイルスに感染すると、たいていは4~6日間の潜伏期間を経て発熱や鼻水など風邪のような症状が数日続きます。

 多くは軽症で済みますが、重くなる場合には、咳がひどくなる、呼吸時にゼーゼーまたはヒューヒューという音が出る、呼吸困難となるといった症状が出ます。悪化すると細気管支炎や肺炎になることもあります。重篤な合併症には、急性脳症や突然死につながる無呼吸発作があります。

 初めて感染した乳幼児の約7割は、鼻水などの症状のみで数日のうちに回復しますが、約3割は咳がひどくなり、呼吸困難などの症状が出ます。

 生後1歳までに半数以上、2歳までにほぼすべての子供が1度はRSウイルスに感染します。早産で生まれたり肺や心臓に病気のある赤ちゃん、また生後3カ月以内の感染は重症化する場合があるので、特に注意が必要です。
.

高齢者は集団感染の恐れも

 大人は軽症で治ることが多いのですが、高齢者は重症の下気道炎を起こす場合があり、特に長期療養施設内での集団発生が問題になっています。

 感染を予防するには、うがいや手洗いの励行やマスクの着用が大事です。子供が触れるおもちゃ、手すりなどはこまめにアルコールや塩素系の消毒剤などで消毒します。風邪のような軽い症状のある幼児以上の子供や大人は、RSウイルス感染症と気付かない場合があるので、赤ちゃんに近づかないようにします。

 特効薬はなく、症状を和らげる対症療法が基本です。予防ワクチンはありませんが、早産児などの感染予防のため、抗体製剤パリビズマブが筋肉注射で投与されることがあります。