読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美しく・元気で・長生き・健康ライフ

美しく・元気で・長生きする為のニュースや話題などをお知らせしています。


スポンサーリンク

小麦成分の入った米粉製品を誤って食べるなどしてアレルギーを発症する事故が増加 適正な表示と確認が必要

ライフ・スタイル 健康・疾病 医学 憲法・法律・条例 社会・生活 話題・ニュース

米粉製品で増える「小麦アレルギー」発症事故 適正な表示と確認が必要


 米粉を利用した製品が増える中、小麦成分の入った米粉製品を誤って食べるなどしてアレルギーを発症する事故が増えている。
表示の欠落や誤り、消費者の確認不十分などが原因だ。消費者庁は、事業者には管理の徹底と適正な表示を、消費者には表示の確認など注意を呼び掛けている。

 ◆「含まない」と誤解

 消費者庁の事故情報データバンクには、食物アレルギーの人がアレルゲン(アレルギーの原因となる物質)が入っていないと思って食べてアナフィラキシー(重症のアレルギー症状)を起こしたといった事故情報が平成22年から26年4月末までに約220件寄せられている。

米粉製品のケースでは、表示を確認せずに小麦が含まれないと誤解したり、小麦粉の表示が欠落した商品を食べたりしたことでアナフィラキシーとなった事例も報告されている。

 NPO法人「アトピッ子地球の子ネットワーク」(東京都新宿区)が運営するアレルギー表示に関する食品回収情報サイト「食物アレルギー危機管理情報」では、表示内容の欠落などによる米粉製品の回収は26年までは年に0~2件だったが、今年は6月までですでに4件報告された。

 同NPOの電話相談にも米粉製品によるアレルギー事故情報が寄せられており、商品のパッケージに「小麦アレルギーの人のため」などと表記されているのに、原材料に「小麦を含む」と表示されたものもあった。赤城智美事務局長は「表示を見ても小麦を使っているのか分かりにくい米粉製品がたくさん出回っている」と指摘する。

 ◆「グルテン」は小麦

 パンなどの弾力性を出すために使われるグルテン。小麦などの穀物から生成されるタンパク質で米粉製品に含まれることもある。

 消費者庁に寄せられた事例では、原材料名にグルテンと表示されていても、グルテンが小麦由来と知らずに食べてアナフィラキシーとなった例があった。

4月施行の食品表示法で「グルテン(小麦を含む)」と表示することになったが、5年間の経過措置期間があり、完全に表示が変わるのは32年4月だ。グルテンだけの表示もあるため、「小麦」と書いてなくても注意が必要だ。

 事業者の表示ミスによる事故も起きている。愛知県春日井市で5月、「米粉」と表示されたパンを食べた女児(2)がアナフィラキシーを起こし入院した。パンを販売したJA尾張中央(愛知県小牧市)によると、原料表示のラベル作製時に「小麦粉」を間違えて「米粉」と入力。

製造所では米粉を使ったパンも作っており、ラベルの間違いに気付かず貼り付けたという。同JAは「確認が不十分だった。ラベル入力時と貼り付け時のダブルチェックを行い再発防止に努めている」と話す。

 ◆増える米粉利用

 国産米粉の利用がコメの消費拡大につながるとして、国は米粉の利用を推進。農林水産省によると、米粉用米の利用は21年度の5千トンから25年度には2万5千トンと5倍に増えた。

 米粉の利用が増える中、誤食によるアレルギー事故を防ぐため、消費者庁は6月、事業者には製造工程で小麦が混入しないような原材料管理と表示の徹底を、消費者には表示をよく確認するよう呼び掛けた。

 同庁は、米粉製品を購入するときの注意点として、表示をよく確認▽表示のないパン店などでは原材料について店の人に質問▽分からないことは食品メーカーや販売会社のお客さま相談室などに尋ねる-などを挙げている。

 ≪表示義務は7品目≫

 容器包装された加工食品では、アレルギーを起こしやすいとされる食品のうち発症数や重篤度から考えて表示の必要が高い7品目(小麦・卵・エビ・カニ・乳・そば・落花生)を「特定原材料」として表示を義務付けるほか、大豆やゴマなど20品目については表示を推奨している。ただ、パン店やスーパーの総菜売り場など店内で製造・加工した食品には表示義務がない。

■小麦アレルギーの原因と症状
子どもに多い食物アレルギーは主に、卵、牛乳、小麦などが原因になっています。子どもと大人とは症状が異なることがあります。最近、小麦を成分にした石鹸が問題になっており、日本アレルギー学会でも対策が公表されています。

小麦アレルギーになってしまう原因は
今まで小麦を食べても大丈夫だった人が小麦アレルギーになるメカニズムの1つとして考えられているのは、「経皮感作」というメカニズムです。

加水分解した小麦を含む石鹸で、小麦アレルギーになったり、石鹸を使うとアレルギー症状が出る人が報告されました。特に、このような石鹸を使った上で小麦を食べて運動すると、全身のアレルギー症状であるアナフィラキシーを起こす病気を「加水分解小麦型食物依存性運動誘発アナフィラキシー」と呼ばれています。


小麦アレルギーは食物アレルギーの1つですが、小麦はエビなどの甲殻類と同じで、食物アレルギー以外に食物依存性運動誘発アナフィラキシーの原因になっています。


皮膚からアレルギーになる?「経皮感作」とは
経皮感作
石鹸や化粧品などの皮膚に直接使う製品でアレルギーになることがあります(イメージ写真)
アレルギーのメカニズムは、本来、無毒なものを有害なものと考え、体から排除しようと働くことです。無毒なものが初めて侵入しても、多くの人は無毒として処理し、免疫は働きません。

しかし、何度か侵入していく中で、無毒なものを有害なものとして認識してしまうことがあります。これを「感作」と呼んでいます。食材の中にも感作されやすい物質が同定されています。

例えば、卵であれば卵黄より卵白ですし、卵白の成分であるオボアルブミン、オボムコイドと呼ばれているタンパク質です。小麦であればグルテン、ω5グリアジン。加水分解小麦の成分の入った石鹸で問題になっているのが、グルパール19Sという成分です。グルパール19Sは水で分解された小麦のタンパク質です。

このような有害と認識された物質(アレルゲン)が体に入ってくると、排除しようと様々なアレルギー症状が出てきます。

最近の研究で、アレルゲンは食べ物を食べるより皮膚から吸収される方が、感作されやすいという報告があります。


小麦アレルギーの症状
蕁麻疹
蕁麻疹が出てかゆくなることが多いです
小麦アレルギーの症状として、皮膚に出てくる症状と全身の症状があります。

皮膚に出てくる症状は、小麦の成分を含む石鹸を使った部分に蚊に刺されたような蕁麻疹が出てきたり、赤い発疹である紅斑が出てきます。まぶたの腫れも出てきます。アトピー性皮膚炎の原因が小麦の場合がありますので、数日して、アトピー性皮膚炎の出現や悪化が見られます。

全身の症状は、小麦を食べることで、アナフィラキシーを起こすことです。また、小麦は食物依存性運動誘発アナフィラキシーの原因の1つです。これは、小麦を食べて数時間以内に運動すると、アナフィラキシーを起こします。

アナフィラキシーの症状は下記のとおりで、2つの臓器以上に症状があれば、アナフィラキシーです。

皮膚…赤い発疹、盛り上がった蕁麻疹、かゆみ、目の周りの腫れ
消化器…ノドの痛み・違和感、吐き気、嘔吐、腹痛、下痢
呼吸器…くしゃみ、鼻水、鼻づまり、喘鳴(ゼイゼイ、ヒューヒュー)、声がかれる嗄声、犬吠様な咳、呼吸困難
循環器…脈拍が多い頻脈、血圧低下、手足が冷たい、
神経…元気がない、活動レベルの低下、めまい、不穏、意識消失

です。

…アトピーとアナフィラキシー

このような状態になれば、速やかな医療が必要になります。