読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美しく・元気で・長生き・健康ライフ

美しく・元気で・長生きする為のニュースや話題などをお知らせしています。


スポンサーリンク

がんの治療を始めた患者の「5年相対生存率」は64.3%

医学 健康・疾病 社会・生活

がんの5年相対生存率64.3%=患者16万人を集計

国立がんセンター

 

 国立がん研究センターは14日、2007年にがんの治療を始めた患者延べ16万8514人について、5年後の生存率が同じ年齢、性別の一般集団に比べてどれだけかを示す「5年相対生存率」が64.3%だったと発表した。
  
  全国のがん診療連携拠点病院のうち、患者の90%以上の生死を確認できたなどの条件を満たす177施設(46都道府県)の患者情報を集計した。対象患者数は全患者の約3割を占めている。
  都道府県別でも集計。胃がんの5年相対生存率は、全国平均71.2%に対し、福井(77.7%)や長野(77.6%)が高く、群馬(60.9%)や茨城(62.0%)が低いなど、地域差がみられた。生存率の低い地域は、患者の年齢が高いほか、早期発見率が低く手術ができていない傾向があった。 

 

■国立がん研究センターは、がん患者の命を治療によって、どのくらい救えたかを示す「5年相対生存率」について全国40の都道府県別のデータを初めて発表しました。各都道府県ががん医療の弱点を分析し、生存率の向上に努めてほしいとしています。

 

がんの「5年相対生存率」は、がん患者を治療によって、どのくらい救えたかを示すもので、特定の年齢の日本人が、5年後も生存している確率を100%とした場合に、同じ年齢のがん患者が、治療後に何%生存しているかという形で示します。

 

今回のデータは、国立がん研究センターが、平成19年に全国177のがん拠点病院で治療を受けた患者およそ16万8000人のデータをもとにまとめました。


それによりますと、胃がんや肝がん、それに乳がんなどすべてのがんを合わせた「5年相対生存率」の全国平均は64.3%でした。また、都道府県別では、最も高かったのは、東京都で74.4%、次いで、長野県が70.5%、新潟県が68.9%で、最も低かったのは、沖縄県の55.2%でした。


また、がんの部位ごとに生存率の全国平均をみますと、乳がんが最も高く92.2%、次いで大腸がんが72.1%、胃がんが71.2%、肺がんが39.4%、肝がんが35.9%でした。また、これを都道府県別にみますと、乳がんでは長野県が最も高く96.1%、青森県が最も低く81.1%、大腸がんでは香川県が最も高く79.6%、青森県が最も低く63%、胃がんでは東京都が最も高く78.8%、群馬県が最も低く60.9%、肺がんでは、長崎県が最も高く50.7%、沖縄県が最も低く20%、肝がんでは富山県が最も高く51.3%、香川県が最も低く22.6%で、いずれのがんでも、がんを早期発見できた患者の割合が高い都県で生存率が高くなる傾向が見られました。


ただ、今回のデータは、治療から5年後の患者の状況が9割以上の割合で確認できた医療機関しか含まれておらず、例えば東京では、17あった拠点病院のうち、3つの病院のデータしか反映されていません。このため都道府県別のがんの治療レベルをそのまま表すものではありませんが、がんの早期発見ができているのかなど、がん医療の弱点を分析するのに役立つということです。


データをまとめた西本寛がん統計研究部長は、「都道府県は結果を分析し、生存率の向上につながる対策を見つけて推進してほしい。また、今後は病院ごとの生存率を出せるようにしてがん医療の質の向上につなげたい」と話しています。

 

■5年相対生存率(ごねんそうたいせいぞんりつ)

あるがんと診断された場合に、治療でどのくらい生命を救えるかを示す指標。あるがんと診断された人のうち5年後に生存している人の割合が、日本人全体*で5年後に生存している人の割合に比べてどのくらい低いかで表します。

 

100%に近いほど治療で生命を救えるがん、0%に近いほど治療で生命を救い難いがんであることを意味します。
* 正確には、性別、生まれた年、および年齢の分布を同じくする日本人集団。