読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美しく・元気で・長生き・健康ライフ

美しく・元気で・長生きする為のニュースや話題などをお知らせしています。


スポンサーリンク

軽度認知障害の発症を血液成分から判定できる検査法を開発 筑波大などの研究チーム

ライフ・スタイル 健康・疾病 医学 社会・生活 話題・ニュース 発明・発見

■認知症予備軍、血液で判定法を開発…筑波大など

  
 アルツハイマー病の予備軍とされる軽度認知障害の発症を血液成分から判定できる検査法を開発したと、筑波大などの研究チームが発表した。
  
 
 約80%の精度があるという。

 アルツハイマー病は、原因たんぱく質「アミロイドβ(ベータ)」が脳内にたまり、神経細胞を傷つけて起こるとされており、認知症の7割を占める。内田和彦同大准教授や朝田隆東京医科歯科大特任教授らは2001~12年、茨城県利根町の住民約900人を対象に発症と、血液成分の関係を調べた。

 その結果、軽度認知障害、アルツハイマー病と進むほど、アミロイドβの脳外への排除などに関わるたんぱく質3種類が減ることが判明した。

 さらに、この3種類のたんぱく質を測ることで、軽度認知障害を高精度に判別できる検査法を開発。7cc程度の血液を採って調べる。全国約400か所の医療機関で検査を受けられるようにした。保険はきかず、検査費は数万円。

■アルツハイマー血液検査で診断 大阪市大、阪大など実用化目指す

 認知症の6割を占めると言われるアルツハイマー病を、血液検査で診断しようという研究が大阪市立大や大阪大などで進んでいる。
アルツハイマー病には今のところ、根本的な治療薬はないが、早期の段階で診断すれば、薬や生活習慣の改善で進行を遅らせることができるケースもあり、血液検査のような簡単な方法の開発が期待されている。 

 ◇海外研究を参考

 アルツハイマー病は、脳内のゴミとされる「アミロイドベータ(Aβ)」や「リン酸化タウ」というたんぱく質が、脳内に蓄積して起きると考えられている。大脳皮質にはAβによる「老人斑」、リン酸化タウによる「神経原線維変化」という病変ができる。

 Aβは症状が出る10年以上前から脳内にたまり、脳の外に排出されにくくなるため、脳と脊髄の周囲を巡る髄液や血液中の量が減る。リン酸化タウは神経細胞が壊れて死んだ時に髄液に漏れ出てくるとされる。

 しかし、これまでの研究で、患者の血中のAβ濃度は健常者と差がないことがわかっている。健常者に比べて血中でのAβ量が少ないのになぜ、濃度に差が出ないのか。

 大阪市立大の山本圭一・臨床研究医(神経内科)らのチームは、Aβが単独で存在するよりも血中の主要たんぱく質であるアルブミンと結びつくケースの方が多いという海外の研究報告に着目した。

 患者と健常者の「アルブミンAβ複合体」の濃度を調べた結果、患者の平均濃度は健常者の約46%で、濃度が低い人ほど患者の割合が多いことを突き止めた。髄液中のリン酸化タウ濃度も高かった。

 山本さんは「測定精度を高めれば、健康診断でアルツハイマー病の発症を予測したり、早期に診断したりできるようになるのではないか」という。

 ◇たんぱく質検出

 独立行政法人・医薬基盤研究所(大阪府茨木市)の朝長毅プロジェクトリーダー(たんぱく質科学)、大阪大の大河内正康講師(精神医学)らは、アルツハイマー病に関係しているとみられる「APL1β」というたんぱく質の断片を血中から検出する方法を開発した。

 APL1βは、Aβができる際に働く2種の分解酵素で作られるが、こちらはAβとは異なり脳内にたまりにくい。大河内講師らが2009年に患者の髄液から発見した。患者では、APL1βのうち28個のアミノ酸を持つAPL1β28の割合が高いことを突き止めた。

 ただ、髄液の採取は患者の肉体的な負担が大きいため、研究チームは血液で調べる方法を検討。血中のたんぱく質や不要なたんぱく質の断片を除去する前処理を工夫した上で、質量分析装置で濃度を測定したところ、患者は健常者に比べ、血中でもAPL1β28の割合が高いことを確認した。

 朝長リーダーは「病院の臨床検査室で測定するには前処理を簡略化する必要がある。3~5年をめどに実用化したい」と話す。

 ◇髄液測定やCTでも

 アルツハイマー病には研究レベルを含め、様々な診断方法がある。

 髄液中のリン酸化タウやAβの濃度を測定する方法のほか、脳内のAβのたまり具合を画像診断する「アミロイドPET(陽電子放射断層撮影)検査」や、CT(コンピューター断層撮影)、MRI(磁気共鳴画像装置)で脳の萎縮を調べたり、SPECT(単一光子放射断層撮影)で脳の血流低下を調べたりする方法もある。

 背骨から髄液を取るのは患者の肉体的な負担のほか、画像診断に時間がかかったり、費用が高額になったりするケースが多い。