読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美しく・元気で・長生き・健康ライフ

美しく・元気で・長生きする為のニュースや話題などをお知らせしています。


スポンサーリンク

電子たばこに高濃度の発がん性物質ホルムアルデヒドが検出されたとの調査結果を厚生労働省発表

ライフ・スタイル 健康・疾病 医学 話題・ニュース 社会・生活 憲法・法律・条例

電子たばこに高濃度発がん性物質 ニコチン検出も、規制検討へ

 香りや味の成分を添加した溶液を電気式の器具内で加熱して蒸気を吸う電子たばこに関し、厚生労働省の研究班は21日、国内で流通する9銘柄中4銘柄で、蒸気から高濃度の発がん性物質ホルムアルデヒドが検出されたとの調査結果を発表した。また一部の溶液からは、国内販売では認められていないニコチンが検出されたという。

 厚労省は今後、規制の必要性などを検討する。

 電子たばこはVAPE(ベープ)などとも呼ばれ、スティック型やパイプ型などが流通。国内ではニコチンを含むものは医薬品医療機器法(旧薬事法)の規制対象となり、販売が認められていない。

 研究班は銘柄は明らかにしていない。

「タバコは百害あって一利なし」