読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美しく・元気で・長生き・健康ライフ

美しく・元気で・長生きする為のニュースや話題などをお知らせしています。


スポンサーリンク

アルツハイマー型認知症に効く最新治療薬「メマンチン」の、これまで知られていなかった働きを解明 東北大大学院薬学研究科の福永浩司教授(神経薬理学)らの研究グループ

東北大大学院薬学研究科の福永浩司教授(神経薬理学)らの研究グループは、アルツハイマー型認知症に効く最新治療薬「メマンチン」の、これまで知られていなかった働きを解明したと発表した。 「アルツハイマー病は脳で起きる糖尿病ではないか」とする仮説を…

都内の感染性胃腸炎の患者が増加の一途

■都内の感染性胃腸炎の患者が増加の一途 東京都感染症情報センターは11月17日、11月7日~13日の期間中の東京都感染症週報を公開した。同週報により、例年に比べ多くなっている都内の感染性胃腸炎の患者が増加の一途をたどっていることが明らかになった。 病…

日本人でコーヒーを1日3杯以上飲む人は、脳腫瘍(しゅよう)を発症するリスクが低い

日本人でコーヒーを1日3杯以上飲む人は、脳腫瘍(しゅよう)を発症するリスクが低いという研究成果を国立がん研究センターの研究チームがまとめた。コーヒーの成分の一部が発がん抑制に関係している可能性があるという。 国内10地域に住む40~69歳の…

千葉県流山市の幼稚園でノロウイルス 

千葉県は31日、流山市の幼稚園でノロウイルスによる感染性胃腸炎の集団発生があったと発表した。同日までに3~6歳の男女の園児114人と20代の女性職員2人の計116人が下痢などの症状を訴え、園児7人の便からノロウイルスが検出された。重症者は…

冷凍メンチカツから病原性大腸菌O157 集団食中毒

神奈川県は10月31日、同県平塚市の食品会社「肉の石川」が販売した冷凍メンチカツを食べた県内の1歳から79歳の男女17人が、病原性大腸菌O157に感染したと発表した。 このうち5歳の男児と8歳の女児が重症で入院し、男児は快方に向かっていると…

日本産科婦人科学会 若い健康な女性が将来の妊娠・出産に備えた卵子の凍結保存を「推奨しない」 賛否?

日本産科婦人科学会の専門委員会は25日までに、若い健康な女性が将来の妊娠・出産に備えた卵子の凍結保存を「推奨しない」とする見解をまとめた。女性の健康へのリスクや妊娠率が高くないことなどを問題視した。 若い女性の卵子凍結保存を容認した日本生殖…

糖尿病はサインを送る

糖尿病はサイレントキラーともいわれ、痛みや症状がないといわれていますが実は糖尿病は体に何らかのサインを「さり気無く」送っているのです。 言い換えれば糖尿病はささやかな悲鳴を上げているのです。 糖尿病の症状・初期症状の例として次のようなものが…

バター、ラード、赤身肉などに含まれる飽和脂肪酸が、早死リスクを上昇させる

バター、ラード、赤身肉などに含まれる飽和脂肪酸が、早死リスクを上昇させることを確認したとする、30年間に及ぶ研究結果が5日、発表された。その一方で、飽和脂肪酸をオリーブオイルなどの不飽和脂肪酸に切り替えることで、健康上の大きな恩恵が得られる可…

妊娠中にジカウイルスに感染したハイチ市民の母親 先天性障害「小頭症」にかかった新生児出産 

米フロリダ(Florida)州で6月28日、頭部や脳の先天性障害「小頭症」にかかった新生児の同州初となる誕生例が報告された。当局によると母親はハイチ市民で、妊娠中にジカウイルスに感染していた。 フロリダ州のリック・スコット(Rick Scott)知事の声明によ…

非常に熱い飲み物は食道がんの要因に「恐らく」なるも、コーヒーとマテ茶はOK!

国連(UN)のがん研究機関、国際がん研究機関(IARC)は15日、非常に熱い飲み物は食道がんの要因に「恐らく」なるとの研究結果を発表した。一方、関連性が疑われていたコーヒーについては「通常提供される温度」で摂取すれば、これまで考えられていたような…

ジカウイルスへのワクチン 動物実験など2件に成功

脳への損傷を引き起こすジカウイルスへのワクチン開発をめぐり、マウスを使った動物実験など2件に成功したとの研究結果が28日、発表された。 1件目の研究を行ったチームは、2種類の試作ワクチンを実験用マウスで試した結果、1回の接種で「ジカウイルスに対す…

緑茶に含まれる成分にダウン症候群の患者の認知能力を向上させる効果あり

緑茶に含まれる成分にダウン症候群の患者の認知能力を向上させる効果が確認されたとする研究結果が7日、発表された。 英医学専門誌「ランセット・ニューロロジー(Lancet Neurology)」に掲載された論文によると、1年間の臨床試験で患者の記憶力テストや行動テ…

砂糖に保湿効果があるらしい?!

砂糖は天然の保湿剤 美容や健康の大敵とされてきた砂糖だが、天然の保湿剤として驚くほどの効果があることをご存知だろうか。医療現場では床ずれの治療薬に砂糖が配合されるなど、そのパワーは実証済み。 普段のお手入れに「ひとつまみプラスするだけ」で保…

ドイツやカナダはマリフアナ(乾燥大麻)を合法化か!?

■ドイツ保健相は5/3日、同国が来年早々に医療用大麻(マリフアナ)を合法化する見通しであることを明らかにした。 ヘルマン・グレーエ(Hermann Groehe)独保健相は、4日に法案を独連邦内閣に提出する。合法化の目的については、「重症患者を可能な限り最善…

ヒヒにブタの心臓を移植して、過去最高の2年半生存 異種間臓器移植での大きな進歩

将来、心臓病の患者がブタの心臓の鼓動によって元気を取り戻せる日が来るかもかもしれない──異種間臓器移植での大きな進歩について報告する研究論文が5日、発表された。 臓器提供者(ドナー)が極度に不足するなか、人の命を救うために動物の心臓、肺、肝臓…

新鮮な果物を日常的に食べる人は、心疾患のリスクが大幅に下がる!? 7年間の追跡調査

新鮮な果物を日常的に食べる人は、心疾患のリスクが大幅に下がる可能性があるとの研究論文が6日、発表された。 同様の研究はこれまでにも、欧米の人々を対象に何度も行われてきたが、食生活や疾病の傾向が欧米とまったく異なる中国で、果物を食べることが心…

執行猶予期間中の万引き 認知症の影響を認めて再び執行猶予 神戸市にて

万引き事件の執行猶予期間中に万引きをしたとして窃盗罪に問われた神戸市の女性被告(61)に対し、認知症の影響を認めて再び執行猶予とした12日の神戸地裁判決で、長井秀典裁判長は「稚拙な手口が衝動を抑えられないことを表している」と述べ、認知症を…

ジカ熱の患者がコロンビアで妊婦8890人を含む4万7771人、 危険な神経疾患や小頭症とに関連ありか 英米で発表

コロンビアの国立衛生研究所は5日、同国のジカ熱の患者が妊婦8890人を含む4万7771人になったと発表した。 先週だけで5065人の患者が新たに登録され、そのうち1237人は妊婦だった。妊婦がジカウイルスに感染した場合、胎児の重大な先天性異常「小頭症」発症と…

タイ保健省は24日、同国を訪れたオマーン人の男性(71)が中東呼吸器症候群(MERS)に感染していることを確認

タイ保健省は24日、同国を訪れたオマーン人の男性(71)が中東呼吸器症候群(MERS)に感染していることを確認し、男性と接触した可能性のある数百人の行方を追跡していると発表した。タイでMERS感染が確認されたのは2例目。 同省の声明によると、この男性は…

腸内細菌が少ない母親から生まれた子どもに発達障害が現れる可能性があることが分かった

福井大学の研究チームは20日、腸内細菌が少ない母親から生まれた子どもに発達障害が現れる可能性があることを妊娠マウスの実験で示したと発表した。米オンライン科学誌プロスワンに論文が掲載される。母体の腸内環境悪化と子どもの脳の発達異常について関…

マラリア治療薬にエボラ出血熱患者の死亡率を低下させる効果あり?

長崎大熱帯医学研究所の鈴木基助教(感染症疫学)らが参加する国際NGO「国境なき医師団」の研究グループは7日、マラリア治療薬にエボラ出血熱患者の死亡率を低下させる効果がみられたとの研究結果を発表した。 米医学誌「ニューイングランド・ジャーナル…

野菜、魚・肉、米飯の順でゆっくり食事をとると血糖値の急上昇が抑えられる

米飯の前に魚や肉を食べると、血糖値の急上昇が抑えられることが関西電力医学研究所(神戸市)の研究でわかった。同じメニューでも食べる順番を意識することで、糖尿病の予防などにつながる可能性がある。 欧州糖尿病学会誌(電子版)に掲載された。 血糖値…

カフェインを過剰に摂取し、九州に住む20代男性が昨年、中毒死

九州に住む20代男性が昨年、カフェインを過剰に摂取し、中毒死していたことが分かった。解剖した福岡大法医学教室の久保真一教授が21日、記者会見で明らかにした。カフェインを含む清涼飲料水などを短時間にたくさん飲んだとみられ、久保教授は過剰摂取…

不整脈の治療薬が、アルツハイマー病に効果あり? マウスの実験段階 国立長寿医療研究センター(愛知県)や理化学研究所(埼玉県)、同志社大(京都府)などのチーム

不整脈の治療薬が、アルツハイマー病で起こる脳の神経細胞の減少を防ぐ効果があるとのマウスの実験結果を、国立長寿医療研究センター(愛知県)や理化学研究所(埼玉県)、同志社大(京都府)などのチームが16日、英科学誌ネイチャーコミュニケーションズ…

エストロゲンを増やすと、女性は魅力的になる 卵やプルーンやゴマ、黒豆など&恋をしましょう

エストロゲンが多い女性はモテる? ある意味、女性らしさの源とも言えるのが、エストロゲン。医学的に言うと、卵巣と副腎から分泌される「卵胞ホルモン」で、排卵前(月経後)に分泌量が多くなり、月経前や月経中は減少するのが特長です。 では、エストロゲ…

子どもの脳を活性化させるには、母親のおなかの中にいるときから青魚などの脂質を多く取るのが効果的 東北大大学院医学系研究科

子どもの「脳活」は胎児から-。子どもの脳を活性化させるには、母親のおなかの中にいるときから青魚などの脂質を多く取るのが効果的だと、東北大大学院医学系研究科のグループが助言している。逆に大豆油や肉類を大量に摂取するのは控えた方がいいという。 …

「歯周病は気圧や気温の変化があった3日以内に、急激に悪化する」岡山大学の研究グループが発表

岡山大学の研究グループは、歯周病患者2万人を調べた結果、歯周病は気圧や気温の変化があった3日以内に、急激に悪化することを突き止めたと発表した。 歯周病は、40歳以上の日本人の8割がかかっているといわれ、歯を失う原因の約4割を占めている。初期では、…

「アスピリン」が大腸がんの予防に効果あるの? 国立がん研究センター臨床試験始める

解熱鎮痛薬として知られる「アスピリン」の大腸がん予防効果を確かめる7000人規模の臨床試験を、国立がん研究センター(東京都)や大阪府立成人病センターなどのチームが始めた。 数百人規模の研究ではすでに確認されている効果をさらに詳しく調べて予防…

体に良い冬野菜ベスト第1位と調理法とは? 医師10万人に聞きました。

体に良い冬野菜ベスト第1位は? 医師10万人に聞きました。 TV番組11月28日(土曜)朝9:00よりの「サタデープラス」の番組の中で ●体に良い冬野菜は? ●健康鍋料理の1位は?等がありました。 【MC】 丸山隆平(関ジャニ∞) 小堺一機 小島瑠璃子 【ゲスト】 東尾理子…

近年「酸蝕歯」が増加 対策として食後に水やお茶、ガムなどが有効

虫歯の原因は口内の虫歯菌が原因だが、最近はスポーツドリンクやレモンなど飲食物に含まれる酸で歯が溶けてしまう酸蝕歯(さんしょくし)になる人が増えているという。歯が黄ばんだり、欠けたりするだけでなく、知覚過敏も引き起こす。専門家は「酸性度の強…

最高血圧を120以下にすると死亡のリスクは約25%減 米国立研究所が『120未満』を提唱 

米国立心肺血液研究所は心臓病のリスクを減らすには最高血圧(収縮期血圧)を「120以下」とすることを目指すべきだとの研究報告を発表した。 日本や世界の多くの高血圧診療指針では「140以上」を高血圧としているが、米国内では「科学的根拠がない」と…

乳幼児に肺炎などを引き起こすRSウイルスが東京や大阪など38都道府県で拡大

乳幼児に肺炎などを引き起こすRSウイルスが東京や大阪など38都道府県で拡大していることが20日、国立感染症研究所の患者報告で分かった。患者数が1.5倍に増えた大阪府は「今後の動向に注意が必要」と指摘。2週連続で増えた東京都も「過去5年平均より高い値で…

県立静岡がんセンターでインスリンを過剰投与 患者死亡も「関係不明」

インスリンを過剰投与 患者死亡も「関係不明」 県立静岡がんセンター(長泉町)は29日、県東部の60代の男性患者に短時間に必要量以上のインスリンを投与したため、低血糖状態になって意識障害に陥る医療事故があったと発表した。男性は8日後に死亡した…

子宮頸がんワクチン患者 接種後に原因不明の痛み 国が救済へ

子宮頸がんワクチン患者 救済へ 若い女性のがんの中で最も多い「子宮頸がん」。これを予防するための「子宮頸がんワクチン」を巡って、接種後に原因不明の痛みなどを訴える人が相次ぎました。 厚生労働省が調査を行った結果、症状が回復していない人が若い女…

インフルエンザ早くも流行? 秋は集団感染の季節、学級閉鎖続々 「日常の手洗い、うがいを励行」

インフル早くも流行? 秋は集団感染の季節、学級閉鎖続々 東京都調布市の小学校では9人がインフルエンザの症状を発し、2年生の1クラスが今月16日、17日に学級閉鎖された。 例年11月下旬ごろに流行し始め、翌年2月ごろにピークを迎えるが、実は学校での集…

小麦成分の入った米粉製品を誤って食べるなどしてアレルギーを発症する事故が増加 適正な表示と確認が必要

米粉製品で増える「小麦アレルギー」発症事故 適正な表示と確認が必要 米粉を利用した製品が増える中、小麦成分の入った米粉製品を誤って食べるなどしてアレルギーを発症する事故が増えている。表示の欠落や誤り、消費者の確認不十分などが原因だ。消費者庁…

がんの治療を始めた患者の「5年相対生存率」は64.3%

がんの5年相対生存率64.3%=患者16万人を集計 国立がんセンター 国立がん研究センターは14日、2007年にがんの治療を始めた患者延べ16万8514人について、5年後の生存率が同じ年齢、性別の一般集団に比べてどれだけかを示す「5年相対生存率」が64.3%だった…

気になる顔や足のむくみにはデトックスがおススメ!

「朝起きると顔がむくんでいる」「夕方になると脚がむくんでいる」という方は多いはず。気になる顔や足のむくみにはデトックスがおススメ! カラダの中に溜まった老廃物をデトックスすることで、悩みのタネだったむくみがスッキリ解消。放っておくとたるみの…

手足口病の週の患者数は3万2289人(先週比プラス2785人) 国立感染症研究所報告

〔手足口病〕再び3万人超え・流行のピーク続く 8月11日、国立感染症研究所は手足口病の定点当たり報告数を更新しました。 今週の発表によると、第31週(7/27~8/2)に定点医療機関から報告があった患者数は3万2289人(先週比プラス2785人)で、週の患者数が再び3…

ラム肉はダイエットにも夏バテにもいい

夏を元気に乗り越えるために、食事には気を遣いたいところ。しっかり体力をつけたいときは、やっぱり「肉食」が一番です。 とはいえ、お肉はカロリーが高いから太りそうという心配? そこでおすすめなのが「ラム肉」。ラム肉には、ダイエットにうれしい要素が…

「炎症」少ないと長寿 食事や薬などで、炎症を安全に抑えることができれば、健康長寿

健康で長生きする人は、炎症の程度を示す血液中の物質の数値が低く、この数値が低いほど認知機能や生活の自立度も高いことが、100歳以上の百寿者684人などを対象とした大規模調査でわかったと、慶応大などのチームが発表した。 マウスで炎症が老化を促…

アルツハイマー病の女性は、同じ病の男性よりも精神的機能の低下の進行が速い&アルツハイマー病について新たな発見

アルツハイマー病の女性は、同じ病の男性よりも精神的機能の低下の進行が速いとの研究結果を、米デューク大学(Duke University)の研究チームが21日、発表した。ただ、原因は不明という。 研究チームは、アルツハイマー病を患う70代半ばの女性141人、男性25…

米ニューヨークでレジオネラ症の感染が拡大 4日までに7人が死亡

米ニューヨーク(New York)でレジオネラ症の感染が拡大しており、4日までに7人が死亡した。確認されている感染者は86人に上り、過去最悪規模の感染拡大となっている。同市は、将来的な大流行を防ぐための新たな法令の策定を開始した。 感染は先月10日、ニュ…

子どもの食べ物の好き嫌いはうつ病や不安神経症などの潜在的懸念に関する警告の合図

子どもの食べ物の好き嫌いは、単なる一時的なものではなく、うつ病や不安神経症などの潜在的懸念に関する警告の合図である可能性があるとの研究結果が3日、発表された。 米デューク大学医学部(Duke University School of Medicine)などの研究チームが米小…

カナダ政府機関が「効果100%」というエボラ出血熱のワクチンを開発か

■「効果100%」のエボラワクチン開発か WHO発表 世界保健機関(WHO)は7月31日、カナダ政府機関などが開発したエボラ出血熱のワクチン「VSV―EBOV」の臨床試験の中間結果で「100%の効果」が確認されたことを明らかにした。エボラ出血…

血糖の状態を示すヘモグロビン(Hb)A1cの数値が高くても低くても、脳卒中の発症リスクは高まる

◆血糖の状態を示すヘモグロビン(Hb)A1cの数値が高くても低くても、脳卒中の発症リスクが高まるという研究結果を国立がん研究センターなどの研究チームが公表した。 1998~2000年度と03~05年度に糖尿病調査を実施し、心臓病や脳卒中を発…

神戸大学医学部付属病院で使い捨てカテーテル再使用

■使い捨てカテーテル再使用 神戸大病院神戸大学医学部付属病院(神戸市中央区)は30日、不整脈を治療する際に心臓内部に入れて用いる、使い捨ての「電極カテーテル」を、滅菌処理して再使用していたと発表し、謝罪した。厚生労働省が再使用を禁止していた…

熱中症の傾向と対策

熱中症の傾向と対策 今年最多6165人、死者14人=先週の熱中症搬送者―総務省消防庁 総務省消防庁は22日、13~19日の1週間に熱中症で救急搬送された人数が今年最多の6165人で、うち14人が死亡したと発表した。 各地で梅雨明けが発表され、全国的に35度以上の猛…

キスを1分間すると、6kcal消費 あの行動ではどれくらいカロリーが消費されるのでしょうか12のシーン

もうすぐ夏本番! 少しずつ暑さが増し、体型が気になる季節になってきましたね。 となると、注意したいのはカロリー。10分間のウォーキングで、40kcal消費されます。では、あの行動ではどれくらいカロリーが消費されるのでしょうか? 気になる消費カロリーを…

太っている人は痩せている人より認知症のリスクは少ない?

太っている人、痩せている人、認知症のリスクが高いのはどっち? 英ロンドン衛生熱帯医学大学院のナワブ・クズルバシュ氏らは、40歳以上の約200万人分のデータを分析したところ、中高年のときに痩せていた人(BMI=肥満指数20未満)は、将来的に認知症になる…