読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美しく・元気で・長生き・健康ライフ

美しく・元気で・長生きする為のニュースや話題などをお知らせしています。


スポンサーリンク

ヒヒにブタの心臓を移植して、過去最高の2年半生存 異種間臓器移植での大きな進歩

発明・発見 医学

将来、心臓病の患者がブタの心臓の鼓動によって元気を取り戻せる日が来るかもかもしれない──異種間臓器移植での大きな進歩について報告する研究論文が5日、発表された。

 臓器提供者(ドナー)が極度に不足するなか、人の命を救うために動物の心臓、肺、肝臓などを利用することは、長年にわたって医学の目標となってきた。しかし、そこには、臓器拒絶反応という大きな壁が常に立ちはだかっている。

 このほど、米国とドイツの研究チームが発表した研究内容は、人間の近縁種である霊長類のヒヒにブタの心臓を移植して、過去最高の2年半生存させることに成功したというものだ。研究チームは、遺伝子組み換え技術と、標的を絞った免疫抑制剤を組み合わせたという。

 論文の共同執筆者で、米国立心肺血液研究所(NHLBI)のモハメド・モヒウディン(Muhammad Mohiuddin)氏は「これは、動物臓器の人間での利用に前進の一歩をもたらすという理由で、非常に意義深いことだ」と語る。

 モヒウディン氏は、AFPの取材に電子メールで応じ、「異種移植──すなわち異なる生物種の間での臓器移植を通じて、人の移植用臓器の不足が原因で失われている年間数千人もの命を救うことができる可能性がある」と述べた。

 ヒヒ5匹を使った実験では、移植したブタの心臓の生存状態を最長で945日間維持し、同じ研究チームが保持していた過去最高記録を更新した。

 ブタの心臓は、ヒヒの心臓と交換するのではなく、ヒヒの腹部にある2本の大血管を経由して循環系に接続された。移植した心臓は、正常な心臓と同様に鼓動した。同時にヒヒ自身の心臓も、血液を送り出す機能を継続。これは、臓器拒絶反応の研究でよく知られた手法だ。

 ドナーの臓器は、移植患者(レシピエント)の免疫系によって異質なもの、すなわち脅威として認識される可能性があり、免疫系による拒絶反応を引き起こすことが多い。

 今回の研究では、免疫反応に対する高い耐性を持つよう遺伝子組み換えを施したブタから、ドナー臓器を採取した。こうすることで、レシピエントの自然の防御システムである免疫系にドナー臓器が認識されないようになるという。

 さらに研究チームは、血液凝固を防ぐ助けになるヒトの遺伝因子を、これらのブタに付加し、またレシピエントのヒヒには、免疫反応を抑制する薬剤を投与した。

人でも安全なのか

 心臓がヒトのものと解剖学的に類似しているブタは、最適なドナー候補と考えられていた霊長類に比べ、疾病伝播のリスクが低い、成長が早い、すでに広く飼育されているといった点から、移植用臓器のより優れた供給源となるとみられている。

 この種の異種移植の臨床試験では、ヒヒが人間のモデルとなる。

 モヒウディン氏によると、次段階の重要な試験は、ブタからヒヒへの心臓の完全移植となる見通しだという。そして、「近い将来」にはブタの心臓が人体に移植されるかもしれないとも述べている。

「末期の臓器不全患者が対象のこの手法は、人への応用においても安全である可能性があるように思われる。臓器不全の患者が、異種移植手術の初期臨床試験の候補となるかもしれない」と論文の執筆者らは記している。

 今回の成果は、英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズ(Nature Communications)に発表された。

 

 

 

新鮮な果物を日常的に食べる人は、心疾患のリスクが大幅に下がる!? 7年間の追跡調査

ライフ・スタイル 健康・疾病 医学 社会・生活

新鮮な果物を日常的に食べる人は、心疾患のリスクが大幅に下がる可能性があるとの研究論文が6日、発表された。

 同様の研究はこれまでにも、欧米の人々を対象に何度も行われてきたが、食生活や疾病の傾向が欧米とまったく異なる中国で、果物を食べることが心疾患にどう影響するかについて研究されることはほとんどなかった。

 米医学誌「ニューイングランド医学ジャーナル(New England Journal of Medicine)」に掲載された論文によると、英オックスフォード大学(University of Oxford)の研究者らは、中国全土の都市部と農村部の計10か所で、心血管疾患や高血圧などの既往歴のない35~74歳の50万人近くを対象に、7年間の追跡調査を行った。

 その結果、リンゴやナシ、オレンジなどの新鮮な果物を毎日食べる人は、めったに食べない、あるいは食べたことがない人に比べて、心血管系疾患により死亡するリスクが40%、心臓発作や脳卒中など主要な冠動脈イベントを発症するリスクが34%低いことが分かった。

 果物には、血圧と血糖値の両方を下げるカリウムや食物繊維、抗酸化物質が含まれていることが知られている。

 研究チームは、およそ2億3000万人が高血圧や脳卒中、心不全などの心血管疾患を患う中国では、果物を食べることが、欧米を対象に行われたこれまでの研究でみられたよりもさらに効果的であると発見した。

 ただ、研究チームは、果物に心疾患や脳卒中を予防する効果が本当にあるかについての結論には至っていない。

 今回の調査対象者のうち、生の果物を毎日食べると答えた人はわずか18%だったが、新鮮な野菜を毎日食べると答えた人は全員に近い95%に上った。 

 

※糖尿病・血糖値コントロールには、ブルーベリー、キウイ、バナナを 食べるとよいといわれていますが、あくまで、食べても良いフルーツであり、食べ過ぎは厳禁です。

 

執行猶予期間中の万引き 認知症の影響を認めて再び執行猶予 神戸市にて

万引き事件の執行猶予期間中に万引きをしたとして窃盗罪に問われた神戸市の女性被告(61)に対し、認知症の影響を認めて再び執行猶予とした12日の神戸地裁判決で、長井秀典裁判長は「稚拙な手口が衝動を抑えられないことを表している」と述べ、認知症を否定する検察側の主張を退けた。

 女性の夫(67)は判決後、「同じ病に苦しむ人や家族のためにも病気が原因だと認められて良かった」と語った。

 女性の病名は、脳の一部が萎縮して感情や行動を抑制できなくなり、反社会的行動を取ることもあるとされる「前頭側頭型認知症」。

 判決などによると、女性は昨年9月、神戸市内のスーパーで食料品5点(計約800円相当)を盗んだとして現行犯逮捕され、窃盗罪で起訴された。当時は、別の万引き事件で2014年に受けた有罪判決の執行猶予期間中。12年にも万引きで罰金刑を受けており、病気を疑った家族の勧めで受診し、同認知症と診断された。

 公判で検察側は、診断の信頼性に疑問を呈したが、判決は、商品をわきに隠した手口の単純さが、同認知症の影響下にあることを示唆するものと指摘した。

 夫によると、女性は実刑判決も覚悟していたため、閉廷後、「なぜ万引きしてしまうのか自分でも分からず、苦しかった。周囲に迷惑をかけないよう、きちんと治療を受けたい」と涙を流したという。

 今後は専門医の指導を受け、在宅で治療を進める方針。近所のスーパーなどにも病状を説明して理解を求める一方、女性が商品を持ち出そうとした場合は買い取るつもりという。夫は「執行猶予をもらったのに、繰り返し迷惑をかけるわけにはいかない。しっかり妻を支えたい」と話した。

 

★認知症

認知症(にんちしょう、英: Dementia、独: Demenz)は認知障害の一種であり、後天的な脳の器質的障害により、いったん正常に発達した知能が不可逆的に低下した状態である。犬や猫などヒト以外でも発症する。狭義では「知能が後天的に低下した状態」の事を指すが、医学的には「知能」の他に「記憶」「見当識」を含む認知障害や「人格変化」などを伴った症候群として定義される。これに比し、先天的に脳の器質的障害があり、運動の障害や知能発達面での障害などが現れる状態は知的障害、先天的に認知の障害がある場合は認知障害という。

従来、非可逆的な疾患にのみ使用されていたが、近年、正常圧水頭症など治療により改善する疾患に対しても認知症の用語を用いることがある。単に老化に伴って物覚えが悪くなるといった誰にでも起きる現象は含まず、病的に能力が低下するもののみをさす。また統合失調症などによる判断力の低下は、認知症には含まれない。また、頭部の外傷により知能が低下した場合などは高次脳機能障害と呼ばれる。

日本ではかつては痴呆(ちほう)と呼ばれていた概念であるが、2004年に厚生労働省の用語検討会によって「認知症」への言い換えを求める報告がまとめられ、まず行政分野および高齢者介護分野において「痴呆」の語が廃止され「認知症」に置き換えられた。各医学会においても2007年頃までにほぼ言い換えがなされている。

認知症は70歳以上人口において2番目に多数を占める障害疾患である。全世界で3,560万人が認知症を抱えて生活を送っており、その経済的コストは全世界で毎年0.5-0.6兆米ドル以上とされ、これはスイスのGDPを上回る。患者は毎年770万人ずつ増加しており、世界の認知症患者は2030年には2012年時点の2倍、2050年には3倍以上になるとWHOは推測している。

現在の医学において、認知症を治療する方法はまだ見つかっていない。安全で効果的な治療法を模索する研究が行われているが、その歩みは難航している。

 

 

ジカ熱の患者がコロンビアで妊婦8890人を含む4万7771人、 危険な神経疾患や小頭症とに関連ありか 英米で発表

医学 健康・疾病 社会・生活 話題・ニュース

コロンビアの国立衛生研究所は5日、同国のジカ熱の患者が妊婦8890人を含む4万7771人になったと発表した。

 先週だけで5065人の患者が新たに登録され、そのうち1237人は妊婦だった。妊婦がジカウイルスに感染した場合、胎児の重大な先天性異常「小頭症」発症との関連性が指摘されている。

 ジカ熱の症状は一般的に軽い場合が多く、多少の発熱や頭痛、関節痛などが挙げられる。しかし中南米では、爆発的に拡大中のジカウイルスが他の重い病気を引き起こす恐れもあると警告が発されている。

 小頭症の他にも、ジカウイルスは神経疾患のギラン・バレー症候群の原因となる疑いが持たれている。コロンビア国内ではこれまで282の自治体で感染者が発生しており、うち67%が女性だという。感染者が最も多い年齢は25~29歳で、総患者数の約14%を占めている。

 コロンビアでは昨年ジカウイルス感染が確認されて以来、ラテンアメリカの国としてはこれまでに約150万人の患者が報告されたブラジルに次いで2番目に多い患者が報告されている。衛生当局は、今年はコロンビアで60万人以上の感染者が発生すると予測している。

■中南米を中心に感染が広がっているジカウイルスについて、危険な神経疾患を引き起こす原因となることを確認したとの研究論文が2月29日、発表された。ジカウイルスをめぐっては、小頭症との関連も疑われている。

 英医学誌ランセット(The Lancet)に掲載された論文によると、研究チームは、フランス領ポリネシアで2013~14年にかけてみられたギラン・バレー症候群(GBS)の流行でのジカウイルスとの関連を調べた。その結果、患者の血液検査を通じて、蚊が媒介する同ウイルスがGBSの原因だったことが判明したという。

 GBSは、体内の免疫系が筋力を制御する神経系の一部を攻撃する稀な疾患で、脚や腕の筋力低下を引き起こす。細菌やデングウイルス、チクングンヤウイルスへの感染が原因でかかることもある。

 研究では、フランス領ポリネシアで約20万人がジカウイルスに感染後、42人がGBSに罹患していたことが、20人以上の研究者によって確認されている。

 ただ今回の研究結果については、決定的なものではなく、他のジカ熱発生地域にそのまま適用できるとは限らないという見方も出ている。


■中南米を中心に感染が拡大しているジカウイルスについて、新生児の先天異常である小頭症との生物学的な関連性の証拠を初めて発見したと、米ジョンズホプキンス大学細胞工学研究所(Johns Hopkins' Institute for Cell Engineering)などの研究チームが4日、発表した。実験で、ジカウイルスが脳の発達に関連する主要細胞を攻撃し、破壊または無能化することが確認されたという。

 研究を共同で主導した同研究所のグオ・リー・ミン(Guo-li Ming)教授(神経学)によれば、蚊が媒介するジカウイルスと小頭症の関連性を示すものはこれまで状況証拠しかなかったが、今回、実験で初めて証拠が見つかった。感染拡大地域では、脳と頭部が異常に小さい新生児の大脳皮質に異常が確認されたほか、胎児の組織からジカウイルスが発見されているという。

 実験では、3種類のヒト細胞をジカウイルスと一緒に試験管に入れた。このうち1種は、脳神経細胞となる前段階のヒト神経前駆細胞で、胎児の大脳皮質の発達に重要な役割を果たす。実験では、この神経前駆細胞に、小頭症が引き起こす脳の先天異常と同様の損傷がみられたという。

 ジカウイルスの攻撃を受けたヒト神経前駆細胞は、実験開始から3日以内に9割がウイルスに感染し、3分の1近くが死滅した。また、感染した神経前駆細胞はハイジャックされた状態となり、新たに大量のウイルス細胞をコピー作成した。さらに、通常ウイルスと闘う役割を果たす遺伝子が機能しないという異常現象も確認された。

 一方、実験では幹細胞と神経細胞も使われたが、ウイルスの影響はヒト神経前駆細胞と比較するとほとんどなかったという。

 この研究結果は、米科学誌セル・ステムセル(Cell Stem Cell)に発表された。

タイ保健省は24日、同国を訪れたオマーン人の男性(71)が中東呼吸器症候群(MERS)に感染していることを確認

健康・疾病 医学 社会・生活 話題・ニュース

タイ保健省は24日、同国を訪れたオマーン人の男性(71)が中東呼吸器症候群(MERS)に感染していることを確認し、男性と接触した可能性のある数百人の行方を追跡していると発表した。タイでMERS感染が確認されたのは2例目。

 同省の声明によると、この男性はオマーンで発熱したが、同国の医師らが対処できず、22日にタイに入国。「検査でMERS陽性反応が出た」ため、首都バンコク(Bangkok)にある病院に隔離された。男性は「疲れているが、意識ははっきりしている」という。

 当局は、男性と接触した可能性のある250人以上の行方を追跡してる。このうち37人はウイルスに感染している「可能性が高い」と同省は語ったが、詳細は明らかにしなかった。

 タイで初めてMERSが確認された際の感染者もオマーン人の高齢の男性で、昨年6月に病院に収容されたが、治療後、ウイルス陰性が確認され数週間後に退院した。

 韓国では昨年、MERS感染が拡大して36人が死亡し、国中がパニックに陥った。


★中東呼吸器症候群
中東呼吸器症候群(ちゅうとうこきゅうきしょうこうぐん、英語: Middle East respiratory syndrome, MERS マーズ)とは、MERSコロナウイルスにより引き起こされる感染症。2012年に、中東へ渡航歴のある症例から発見された新種のコロナウイルスによる感染症であり、ロンドンで発見された。2015年には韓国で感染例、および、感染の拡大が認められていることから世界保健機関(WHO)は「緊急の注意を喚起する警告」を発した。

概要

感染すると2〜15日の潜伏期を経たのち、重症の肺炎、下痢、腎障害などを引き起こす激病。また、この感染症の原因となるMERSコロナウイルスの感染源はラクダであると報道された。

日本では2014年7月16日に政令により指定感染症に指定された。2015年1月には(病原体がMERSコロナウイルスである場合)2類感染症に指定され、全ての医師に対して、全ての患者の発生について保健所に届出を行うことが義務付けられている

 

 

 

腸内細菌が少ない母親から生まれた子どもに発達障害が現れる可能性があることが分かった

ライフ・スタイル 健康・疾病 医学 発明・発見 社会・生活 話題・ニュース

福井大学の研究チームは20日、腸内細菌が少ない母親から生まれた子どもに発達障害が現れる可能性があることを妊娠マウスの実験で示したと発表した。米オンライン科学誌プロスワンに論文が掲載される。母体の腸内環境悪化と子どもの脳の発達異常について関連性を示唆する内容で、仕組みの解明や予防につながる成果と期待される。

 研究チームは、福井大子どものこころの発達研究センターの栃谷史郎特命助教、松崎秀夫教授ら。母子の健康に影響を与えるとされる腸内細菌に着目した。栃谷特命助教は「発達障害の原因はさまざまあり、母親の腸内細菌の減少、バランスの乱れはあくまでリスクの一つ。妊娠、出産の時期にヨーグルトなどで腸内環境を整えることはリスク軽減や予防につながる可能性がある」と説明した。

 実験では、妊娠期の母マウスに細菌の増殖を抑える抗生物質を飲ませ、腸内細菌を減らしてバランスを乱し、その後生まれた子を観察した。

 正常な母マウスから生まれた子と比べ、生後4週で平均体重が約2グラム(約12%)軽く、夜行性なのに暗闇での活動が低下し、広い空間では不安から壁沿いを移動するなどの異常が見られた。生後7~8週でも低体重、壁沿いの移動の異常があった。

 これとは別に、正常な母マウスから生まれた子を生後すぐ、腸内細菌を減らした母マウスに育てさせても生後4週で暗闇での活動低下など異常が見られた。逆に腸内細菌を減らした母マウスの子が、正常な母マウスに育てられると正常な行動を示したことから、出生後に脳の発達が受ける影響があるとみられる。

 人の場合、産道を通るときから細菌を摂取し、腸管で腸内細菌を育む。産後も授乳などで母親の皮膚から細菌が入るという。ただ、脳の発達に腸内細菌がどう関与するかは不明で、研究チームは仕組みの解明を目指す。栃谷特命助教は「健康効果がある微生物プロバイオティクスなどを母子マウスに投与して腸内環境を整え、子の異常行動を予防できるかの研究も始めている」と話した。


★腸内細菌
腸内細菌(ちょうないさいきん)とは、ヒトや動物の腸の内部に生息している細菌のこと。ヒトでは約3万種類、1000兆個が生息し、1,5kg-2kgの重量になる

概要

ヒトをはじめ哺乳動物は、母親の胎内]にいる間は、基本的に他の微生物が存在しない無菌の状態にある。生後3-4時間後には、外の環境と接触することによって、あるものは食餌を介して、あるものは母親などの近親者との接触で、あるものは出産時に産道で感染することによって、さまざまな経路で微生物が感染し、その微生物の一部は体表面、口腔内、消化管内、鼻腔内、泌尿生殖器などに定着して、その部位における常在性の微生物になる。一部の原生動物や古細菌を除き、その多くは真正細菌である。一般には常在細菌と総称されることが多い。このうち消化管の下部にあたる、腸管内の常在細菌が腸内細菌である。

ヒトの腸内には一人当たり30,000種類以上、1000兆個以上の腸内細菌が長さ約10mの腸内に生息しており、重量にすると約1,5-2kg。腸の内面を広げるとテニスコート1面分にも相当しさながらお花畑のように細菌類が生息していることから「腸内フローラ」とも呼ばれる。フローラは「花畑」を意味する。

糞便のうち、約半分が腸内細菌またはその死骸であると言われている。宿主であるヒトや動物が摂取した栄養分の一部を利用して生活し、他の種類の腸内細菌との間で数のバランスを保ちながら、一種の生態系(腸内細菌叢、腸内常在微生物叢、腸内フローラ)を形成している。腸内細菌類が「縄張り」を主張し、侵入してきた新しい菌に対しては腸内フローラを形成している細菌類が攻撃を加える。このため病原菌などは通常駆逐され、病気や老化から守る役割を果たしている[1]。腸内細菌の種類と数は、動物種や個体差、消化管の部位、年齢、食事の内容や体調によって違いが見られるが、その大部分は偏性嫌気性菌であり腸球菌など培養可能な種類は全体の一部であり、VNCの種類も多数存在する。なお、その名称から腸内細菌の代表のように考えられている大腸菌は、全体の0.1%にも満たない。

腸内環境は嫌気性であり、腸内細菌の99%以上が嫌気性生物である偏性嫌気性菌に属している。これらの腸内細菌の代謝反応は還元反応が主体であり、また種々の分解反応が特徴的となっている。嫌気呼吸の種類には、嫌気的解糖、硝酸塩呼吸、硫酸塩呼吸、炭酸塩呼吸などがあり、基質を還元することによって代謝に必要な電子を得ており、例えば、硝酸塩から亜硝酸塩を、硫酸塩から硫化水素を、炭酸からメタンを生成するような例がある。

腸内細菌叢を構成している腸内細菌は、互いに共生しているだけでなく、宿主であるヒトや動物とも共生関係にある。宿主が摂取した食餌に含まれる栄養分を主な栄養源として発酵することで増殖し、同時にさまざまな代謝物を産生する。腸内細菌が発酵によって作り出したガスや悪臭成分がおならの一部になる。腸内細菌は、草食動物やヒトのような雑食動物において食物繊維を構成する難分解性多糖類を短鎖脂肪酸に転換して宿主にエネルギー源を供給したり、外部から侵入した病原細菌が腸内で増殖するのを防止する感染防御の役割を果たすなど、宿主の恒常性維持に役立っている。しかし、腸管以外の場所に感染した場合や、抗生物質の使用によって腸内細菌叢のバランスが崩れた場合には病気の原因にもなる。

腸内細菌は多数の雑多な菌種によって構成され、一人のヒトの腸内には100種以上(最近の研究ではには3000種類ともいわれる)100-1000兆個の腸内細菌が存在していると言われる。一般にヒトの細胞数は60-70兆個程度と言われており、細胞の数ではその16倍に匹敵するだけの腸内細菌が存在することになる。

ただし細菌の細胞は、ヒトの細胞に比べてはるかに小さいため、個体全体に占める重量比が宿主を上回ることはない。しかし、それでも成人一人に存在する腸内細菌の重量は約1.5 kg-2kgにのぼるとされる。腸管内容物を見ると、内容物1gに100億個から1,000億個(1010-1011個)の腸内細菌が存在しており、糞便の約半分は腸内細菌か、またはその死骸によって構成されている。

腸内細菌には、事項に示すような働きがあるため、腸内細菌間のバランスを崩すと脳をはじめ、心臓、関節など一見腸とは関わりがなさそうに見えるあらゆる部位の病気に発展する可能性を持っており、寿命にも大きな影響を及ぼす。

5つの働き

ヒトの場合、腸内細菌には主に5つの働きがある。
①病原体の侵入を防ぎ排除する。
②食物繊維を消化する。
③ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンK、葉酸、パントテン酸、ビオチンなどのビタミン類の生成。
④ドーパミンやセロトニンを合成。
⑤腸内細菌と腸粘膜細胞とで免疫力の約70%を作りだしている。

 

 

マラリア治療薬にエボラ出血熱患者の死亡率を低下させる効果あり?

医学 発明・発見 社会・生活 話題・ニュース

長崎大熱帯医学研究所の鈴木基助教(感染症疫学)らが参加する国際NGO「国境なき医師団」の研究グループは7日、マラリア治療薬にエボラ出血熱患者の死亡率を低下させる効果がみられたとの研究結果を発表した。

 米医学誌「ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン」(電子版)に掲載された。

 医師団によると、エボラ出血熱の患者はマラリアにも感染している場合が多いことから、マラリアの治療薬を投与している。2014年8月、リベリアの治療センターで従来使っていた薬が偶然足りなくなったため、約2週間、別のマラリア治療薬を使った。

 その後の分析で、別の薬を使った患者の死亡率は50・7%で、従来薬を使った患者の64・4%に比べ、患者背景を調整した死亡リスクが31%低いことがわかった。


 エボラ出血熱とマラリアは症状が似ており、エボラ治療センターでは、エボラ出血熱の感染が疑われる患者にマラリアの治療薬を投与する。

抗マラリア薬「アーテスネート・アモジアキン」を使った71人は死亡率が約51%に下がったが、別の薬を試みた194人は死亡率約64%で、ほとんど効き目がなかった。アーテスネート・アモジアキンは細胞実験でエボラウイルスの働きを抑えたとする報告があったという。

 厚生労働省によると、14年3月に西アフリカで広がったエボラ出血熱では、15年末までの総患者数が3万人に迫り、1万人以上が死亡した。