読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美しく・元気で・長生き・健康ライフ

美しく・元気で・長生きする為のニュースや話題などをお知らせしています。


スポンサーリンク

アルツハイマー型認知症に効く最新治療薬「メマンチン」の、これまで知られていなかった働きを解明 東北大大学院薬学研究科の福永浩司教授(神経薬理学)らの研究グループ

健康・疾病 医学 発明・発見 社会・生活 話題・ニュース

東北大大学院薬学研究科の福永浩司教授(神経薬理学)らの研究グループは、アルツハイマー型認知症に効く最新治療薬「メマンチン」の、これまで知られていなかった働きを解明したと発表した。

「アルツハイマー病は脳で起きる糖尿病ではないか」とする仮説を実証する成果だという。

 研究グループは、マウスの脳に電気刺激を与える実験で、細胞からカリウムの排出を抑制する働きがメマンチンにあることを突き止めた。

 脳神経細胞でカリウムの排出が滞ると、その作用で細胞がカルシウムを取り入れ始める。流入したカルシウムが細胞内の記憶分子を活性化させ、記憶を改善させるという。

 メマンチンはこれまで、脳神経細胞の過剰興奮を抑えることでアルツハイマー病に効果があると考えられてきた。

 また、糖尿病のマウスにメマンチンを投与した結果、高血糖状態が改善した。膵臓(すいぞう)の細胞でもカリウムの排出を抑制、カルシウムが流入してインスリンの分泌が活性化したとみられる。
 
実験を主導した森口茂樹講師(神経薬理学)は「仮説が実証されたことで新しい治療薬の開発が期待できる」と話す。


★メマンチン(英語: Memantine)は、アダマンタン誘導体であり、医療用のNMDA受容体拮抗剤として用いられる。

メマンチン塩酸塩は中等度〜重度アルツハイマー型認知症(AD)の治療薬として、EUおよび米国で承認され使用されている。日本では国内の臨床試験が、第一三共グループのアスビオファーマによって行われ、2011年1月21日に「症状の進行抑制」について製造販売承認され、同年6月8日に商品名メマリーが第一三共から発売された。メマリーは、病態の進行を抑制する成績は得られていない。

メマリー(メマンチン)とは
メマリーとは第一三共株式会社が2011年6月8日に発売した、中等度および高度アルツハイマー型認知症における症状の進行を抑制する薬です。錠剤およびOD錠があり、それぞれ5mg,10mg,20mgの各3種類があります。OD錠とは、特に嚥下状態の悪い方について、少量の水で無理なく服薬できる「口腔内崩壊錠」です。

メマリーの服用量
1日1回5mgから開始し、1週間毎に増量し4週間後に目標とする維持量(最大で1日20mg)とします。用法用量は患者毎に異なりますので、必ず医師の指示に従って下さい。錠剤およびOD錠いずれも同じ増量法となります。

ただし、高度の腎障害のある方は上限が1日10mgになるので注意が必要です。その他、現在治療中の病気、過去の病気も含め必ず主治医に相談してください。

メマリーの効果
認知症に対してどのように効くのか
「グルタミン酸仮説」という考え方があります。グルタミン酸は脳内において記憶や学習に関わる神経伝達物質という役割がありますが、認知症患者の脳内では異常なタンパク質によってグルタミン酸が過剰な状態となってきます。グルタミン酸の量が正常であれば記憶できる事が、過剰な状態となる事で記憶のシグナルが妨害され記憶する事が困難となってしまうという考え方です。

メマリーには、過剰なグルタミン酸の放出を抑え、結果的に脳神経細胞死を防ぐ働きがあります。ここで大事なのは「過剰な」という部分で、正常なグルタミン酸の放出や記憶のシグナルまで抑える事がない為、統合失調症や幻覚などの副作用はありません。

メマリーとアリセプトは併用できる
アリセプトを初めとするドネペジルの効能は「アセチルコリンエステラーゼの阻害」であり、メマリー(メマンチン)の「グルタミン酸の過剰放出の抑制」とは異なるため、同じ認知症の薬でありながら併用が可能という利点があります。よって、アルツハイマー型認知症が中等度まで進行した頃からメマリー(メマンチン)を投与する事で相乗効果が得られると言われています。

特にイライラや興奮などの感情の不安定さ、徘徊などの落ち着きのなさなどの認知症の周辺症状(BPSD)のある方に対し、メマリーを併用することで効果があるというデータがあります。

メマリーの薬価について
※1割負担を想定・小数点第2位を四捨五入しています

5mg…13.8円  10mg…24.6円  20mg…44.0円 ※OD錠も同価格。
【10mgを30日間服用した場合の試算】
24.6円 X 30日 = 738円/月
となります。

メマリーの注意点・禁忌・副作用について
メマリー(メマンチン)は初期のアルツハイマー型認知症の方への効果は薄いと言われています。
アルツハイマー型認知症の初期における服薬治療はアリセプト(ドネペジル)にて行い、中等度以降に進行した場合は医師の指示のもとメマリー(メマンチン)を併用していく流れになると思われます。
体調面では、飲み始めに目眩の症状が多く見られます。認知症になると危険認識力が低下し、普段歩き慣れた場所であっても目眩が起きることで不意の転倒など思わぬ事故が起こり、それが原因で骨折し廃用症候群による体の動きの低下を招くという事もあり特に注意が必要です。
メマリーの他の副作用
・頭痛…認知症があると頭痛の認識がない事もあります。声かけ等で様子観察を行ってください。
・催眠…不眠が無くても日中傾眠が見られる事があります。
・食欲不振(体重減少)…介護者の方は服薬直後の食事量の確認を行ってください。
・便秘…認知症があると排便があったか否かを本人が分からなくなる事があります。もし本人に確認してもあいまいな場合は、トイレの後の確認を出来たら行ってください(臭いや形跡の確認)
・血圧の上昇…出来れば自宅で定期的に血圧測定を行ってください。高齢者の高血圧は、それだけでリスクの高いものです。
※その他、稀に見られる重篤な症状としては、痙攣・失神や、精神症状があります。服薬を開始してから暫くの間は様子観察を行い、変化が見られる場合には主治医に報告して下さい。

都内の感染性胃腸炎の患者が増加の一途

健康・疾病 社会・生活

■都内の感染性胃腸炎の患者が増加の一途

東京都感染症情報センターは11月17日、11月7日~13日の期間中の東京都感染症週報を公開した。同週報により、例年に比べ多くなっている都内の感染性胃腸炎の患者が増加の一途をたどっていることが明らかになった。

病原体が原因となり、さまざまな消化器症状を引き起こす感染性腸炎。サルモネラやカンピロバクターなどの細菌由来のもののほか、ノロウイルスのようにウイルス由来のものもある。特にノロウイルスが原因の感染性腸炎は、冬季に流行する傾向がある。感染性胃腸炎の主な症状としては下痢やおう吐、腹痛、発熱などがある。一般的に健常者は軽症で回復するが、子どもや高齢者は重症化するケースもあるという。

11月7日~13日(第45週)の期間中、都内264の定点医療機関から報告された感染性腸炎の患者数は3,575人。1医療機関あたりの患者数は13.70人となっている。23区では特に江東区や江戸川区、中央区で医療機関あたりの患者数が多くなっている。

感染者の伸びは、1,681人の患者が報告された第43週(医療機関あたり6.47人)から著しくなっている。第44週は2,486人(同9.45人)、そして第45週に3,575人(同13.70人)が確認されており、それぞれ前週からの総患者の伸び率は約148%、約144%となっている。この急激な増加具合に、東京都感染症情報センターは「感染性胃腸炎の定点当たり報告数がさらに増加を認め、過去5年平均と比較して高い値で推移している」としている。

なお、2015年の第45週の患者数は1,394人(同5.40人)で、今年の感染者は昨年同時期に比べ、2.56倍。2014年の同週も1,194人であったことから、2016年は例年よりも患者が多いことがわかる。

ノロウイルスの感染経路の大半は経口感染。ウイルスが付着している場所をさわり、その手で食事をすることにより感染するケースがよくみられる。そのため、厚生労働省は石けんを用いた食事前やトイレ後の手洗いなどを予防策として推奨している。


■仙台市の幼稚園や小学校で感染性胃腸炎とみられる発症者が急増

仙台市は16日、泉区の幼稚園で園児ら100人以上が感染性胃腸炎とみられる症状を発症したと発表した。

宮城県も、石巻市内の幼稚園で園児ら73人、同市内の小学校で児童ら137人が嘔(おうと)吐や下痢など感染性胃腸炎が疑われる症状を訴えたと発表。発症者は計300人を超えた。いずれも発症者の一部からノロウイルスを検出、集団感染の可能性があるとみている。

 泉区の幼稚園では14日からの3日間で少なくとも101人が嘔吐や腹痛などを訴え、園児1人からノロウイルスが検出された。市によると、集団感染が疑われる感染性胃腸炎の発生件数は9~11月、前年同期比2倍の18件に上っている。

 いずれも重症者はいないが、県や仙台市は流行が続く恐れがあるとして、注意を呼びかけている。

 

 ■岡山県と岡山市は11月14日、大元小(岡山市)常盤幼稚園(総社市)で感染性胃腸炎が集団発生したと発表した。県によると、集団発生は今季初めて。

 大元小は6年生のうち4クラスの36人が、常盤幼稚園は4歳児のうち11人が嘔吐(おうと)などを訴えて欠席した。重症者はいないという。大元小は15、16日、常盤幼稚園は15日に学級閉鎖する。

 感染性胃腸炎は細菌またはウイルスなどの病原体に感染して発症する。県はノロウイルスによる食中毒が多発する恐れがあるとして2日、食中毒注意報を発令。調理や食事前の手洗いの励行、食品の十分な加熱などを呼び掛けている。

 

日本人でコーヒーを1日3杯以上飲む人は、脳腫瘍(しゅよう)を発症するリスクが低い

発明・発見 社会・生活 健康・疾病

日本人でコーヒーを1日3杯以上飲む人は、脳腫瘍(しゅよう)を発症するリスクが低いという研究成果を国立がん研究センターの研究チームがまとめた。コーヒーの成分の一部が発がん抑制に関係している可能性があるという。

 

 国内10地域に住む40~69歳の男女約10万人に、コーヒーを飲む頻度など習慣を聞き、その後約20年にわたり経過をみたところ、157人が脳腫瘍を発症した。

 研究チームは、コーヒーを1日3杯以上、1~2杯、1杯未満と飲む頻度で3グループに分けて、年齢や喫煙歴などの影響を取り除き、脳腫瘍のリスクを調べた。その結果、1日3杯以上飲む人は、1杯未満の人に比べて、脳腫瘍の発症リスクが53%低かった。

 

 コーヒーに含まれるクロロゲン酸やトリゴネリンという成分には抗酸化作用などの働きがあり、発症を抑えた可能性があるという。一方、海外では1日7杯以上と過剰に飲むと逆にリスクが高まるとの報告もあり、研究チームは、予防効果が出やすい適量があるとみている。緑茶についても同様に調べたが、関連は見られなかった。

 

 同センターの澤田典絵室長は「脳腫瘍の症例そのものがあまり多くなく、科学的根拠として確立するには、さらなる研究成果の蓄積が必要」と話している。

 研究成果は、国際対がん連合(UICC)が発行するがん専門誌「インターナショナル・ジャーナル・オブ・キャンサー」(電子版)に掲載された。

千葉県流山市の幼稚園でノロウイルス 

健康・疾病 社会・生活

千葉県は31日、流山市の幼稚園でノロウイルスによる感染性胃腸炎の集団発生があったと発表した。同日までに3~6歳の男女の園児114人と20代の女性職員2人の計116人が下痢などの症状を訴え、園児7人の便からノロウイルスが検出された。重症者はおらず、全員快方に向かっている。


 県疾病対策課によると、症状が出たのは24~28日。消毒など衛生指導を実施した。調理の前やトイレの後に手を十分に洗うよう呼び掛けている。

 

冷凍メンチカツから病原性大腸菌O157 集団食中毒

社会・生活 食中毒

神奈川県は10月31日、同県平塚市の食品会社「肉の石川」が販売した冷凍メンチカツを食べた県内の1歳から79歳の男女17人が、病原性大腸菌O157に感染したと発表した。

このうち5歳の男児と8歳の女児が重症で入院し、男児は快方に向かっているという。県は集団食中毒とみて原因を調べている。

 

 県保健福祉局によると17人が食べたのは同社の冷凍食品「和牛・相模豚 メンチ 肉の石川」で、賞味期限が来年2月26日のもの。大手スーパーのイトーヨーカドーの神奈川県と千葉県にある26店舗に2010個が納入されていたという。

 一方、静岡県によると、この商品を製造したのは同県沼津市の食品加工卸業者「タケフーズ」。神奈川県の依頼を受け静岡県衛生課が立ち入り調査したが、異常は確認されなかったという。

 

★O157(オーいちごなな)は、O抗原が157番の大腸菌で、一般には腸管出血性大腸菌O157:H7(Escherichia coli O157:H7)のことを指す。ベロ毒素を産生する病原性大腸菌で、感染により消化器系食中毒症状だけで無く重篤な全身症状を引き起こすことがある。

日本では1996年(平成8年)5月28日に岡山県邑久郡邑久町(現在の瀬戸内市邑久町)の学校給食に起因するO157食中毒事件を、岡山県保健福祉部環境衛生課が発表した際に、マスコミを通じて名称が知られるようになった。

日本産科婦人科学会 若い健康な女性が将来の妊娠・出産に備えた卵子の凍結保存を「推奨しない」 賛否?

健康・疾病 医学 社会・生活

日本産科婦人科学会の専門委員会は25日までに、若い健康な女性が将来の妊娠・出産に備えた卵子の凍結保存を「推奨しない」とする見解をまとめた。女性の健康へのリスクや妊娠率が高くないことなどを問題視した。


 若い女性の卵子凍結保存を容認した日本生殖医学会や、卵子凍結を支援する費用を予算案に計上した千葉県浦安市に対立する見解となる。医学的理由によらない卵子凍結の是非があらためて問われそうだ。


 国内の多くの産婦人科医や研究者が所属する日本産科婦人科学会で卵子凍結に関する方針を決める生殖・内分泌委員会がまとめた。28日の理事会に報告、所属医師に通知される。


 見解では、凍結した未受精卵(卵子)は凍結受精卵と比べて妊娠率が低いこと、卵巣を刺激する排卵誘発剤は体に負担がかかること、解凍後に受精卵を戻す際の高齢出産に伴う合併症などを指摘。生まれる子どもの健康に与える影響も不透明だとし、年齢を問わず推奨しないとした。


 委員の一人は「出産の先送りにつながる。自治体も意をくんでほしい」と、浦安市の動きをけん制した。


 一方で見解は、卵子の凍結保存を禁じるものではなく、希望する女性と医師には自己責任で行うよう求めている。同学会は昨年4月、薬を使うがん治療や放射線療法で卵巣機能が失われて妊娠が困難になる場合に、事前に凍結保存することを認めた。


 卵子の凍結保存技術が進展し卵子の老化が知られるに伴い、生殖医療技術を専門にする医師らでつくる日本生殖医学会は2013年、健康な女性も含め、卵子の凍結保存を容認する指針をまとめていた。

 

 

 

★卵子凍結保存(らんしとうけつほぞん、英語: oocyte cryopreservation / egg freezing)とは、体外受精を行い子宮に戻す目的で、未受精卵を凍結保存する技術のこと。


概要
従来は、若年女性がん患者が化学療法や放射線療法を受ける前に卵子を体外に取り出すことによって、治療による生殖細胞への影響を回避する方法として試みられるものであったが、近年パートナーがいない女性が将来の妊娠に備えて自分の卵子を凍結保存する事例が増えている。採卵した卵子はマイナス196℃で凍結保存され、妊娠が可能・希望する時期に解凍・体外受精を行い、子宮に戻される。

ただ、体外受精での出産率は30代から低下を始め、36歳ごろから加速し、36歳で16.8%、40歳で8.1%、42歳で5%、45歳だと1%以下と年齢によって低下していくため、卵子の凍結は年齢により低下する妊孕力を完全に保つものではない。卵子だけでなく、子宮や血管の老化も妊孕力に影響を与えるためである。実際、ニューヨーク・タイムズの報道では、2014年時点で入手できる中で最も包括的なデータでは、最新の瞬間冷凍プロセスを使った場合、新生児出生の失敗率は30歳女性で77%、40歳女性で91%であり、2011年の1年間で38歳以上の女性が冷凍卵子で出産した新生児は世界全体でも推定10人程度となっている。

2016年2月2日、日本国内で初とみられる健康女性が凍結保存していた卵子を体外受精し、女児を出産したケースが報告された。女性は44才の看護師で独身時代の41才の時に卵子を8個凍結し、その後42才で結婚、2015年5月に女児を出産した。

医学界の反応
2004年10月、日本癌治療学会、日本産科婦人科学会、日本泌尿器科学会の3団体が「癌患者さんの妊娠できる能力を残すために卵子凍結は施行されるべきである」と発表。

2013年11月15日、日本生殖医学会は神戸市で総会を開き、健康な未婚女性が将来の妊娠に備えて卵子を凍結保存しておくことを認めるガイドラインを正式決定した。卵子の凍結はがんの治療などで機能が失われるのを避けるために保存するのが本来の目的だが、指針ではこうした医学的理由のほか、成人女性が加齢などで妊娠が難しくなる可能性を懸念する場合の卵子凍結も、年齢など一定のルールを設けることで無秩序に広がるのを防ぐ目的で認めた。

既婚、未婚を問わず、40歳以上での卵子の採取と、凍結卵子を使った45歳以上での妊娠を推奨しない
卵子の凍結保存と妊娠・出産の先送りを推奨するものではない

凍結した卵子は、本人が希望した場合や死亡した際には直ちに破棄し、妊娠可能年齢を過ぎた場合も通知した上で破棄できる
などがガイドラインで上がっている。 ただ、上述のガイドラインでも示している通り、社会的要因による卵子凍結は推奨されるものではなく、「リスクを最小にすることを考えるなら妊娠適齢期は20~34歳」であり、性教育については「こうした全ての正しい事実を教えることが必要」というものが医学的なスタンスである。

2015年2月8日、日本産科婦人科学会の倫理委員会は「健康な女性を対象とする卵子凍結保存は推奨しない」との見解を示している。
2016年2月2日、日本産科婦人科学会の苛原稔常務理事は、日本で初とみられる健康女性の凍結卵子を使用した出産事例に対し「凍結しても、本人の加齢による妊娠率の低下やリスクもある。医療機関としっかり話し合い、よく考えてほしい」とのコメントを出した。


日本の状況
2015年2月5日、順天堂大浦安病院と浦安市が、加齢による不妊を避ける目的で健康な女性が自分の卵子を凍結保存する「プリンセス・バンク」構想を進め、浦安市は少子化対策の一環として市民を対象に凍結保存費用を助成することなどを計画していることが報道された。
構想では、将来の出産に備えたい20歳から35歳ぐらいまでの健康な女性の卵子を凍結保存する予定。これに対し、上述の通り、日産婦は推奨しない方針を示している。

世界の状況
凍結卵子を用いた世界初の出産例は1986年、オーストラリアのクリストファー・チャンにより報告された。

中国系ニュースサイト「東北網」が2014年7月23日、韓国人の間で晩婚化に伴い、妊娠したくなった時に使えるよう、卵子を冷凍保存する独身女性が増えているとの報道をしている。

アメリカでは、2012年のデータでニューヨーク大学病院の生殖医療センターで卵子を凍結した依頼者のうち約8割は医学的理由なしに凍結を希望する人々で、平均年齢は38歳であった。

2014年1月、Facebookが女性社員による卵子の冷凍保存に対して最大2万ドルまで資金援助する福利厚生策を導入、アップルも2015年1月から導入。

報道された出産事例
2014年12月6日、2001年高校2年生の時に悪性リンパ腫にかかり、治療に抗がん剤の投与が必要だった女性が、抗がん剤の投与で卵子がつくられなくなる可能性があるため卵子を凍結、2014年8月30才の時に解凍した卵子を使って出産した事例が報道された。

卵子を10年以上凍結保存して出産したケースは日本国内では非常に珍しいとされる。
女性と交流があるNPO法人「全国骨髄バンク推進連絡協議会」の大谷貴子によると女性は「子どもが生まれてとても毎日が幸せです。血液疾患の患者さん全てが希望を持ち、治療に励んでほしい」と話しているという。

日本生殖医学会常任理事の教授は、「がん治療をするために卵子を凍結保存する全ての患者がうまく出産に至るわけではなく、過剰な期待を抱くわけにはいかないが、救われた人がいたことはとても意義がある。(健康な女性の場合も含め)安全性の評価は定まっていない。卵子を採取しておけば出産できるという保証があるわけではない。」とコメントしている。
2016年2月2日、日本国内で初とみられる健康女性が凍結保存していた卵子を体外受精し、女児を出産したケースが報告された。

 

 

 

 

糖尿病はサインを送る

生活習慣病 糖尿病

糖尿病はサイレントキラーともいわれ、痛みや症状がないといわれていますが実は糖尿病は体に何らかのサインを「さり気無く」送っているのです。

言い換えれば糖尿病はささやかな悲鳴を上げているのです。

糖尿病の症状・初期症状の例として次のようなものが報告されています。


のどの渇き
尿の量・回数が多い
体重が急激に減る(食べているのにやせる)
全身がだるく、疲れやすい
目がかすむ(視力障害)、急激な視力低下
尿に糖が出る(尿糖)
尿の泡立ちがなかなか消えない
立ちくらみ
手足のしびれ(手のしびれ・足のしびれ)
手足の冷え(手先の冷え・足先の冷え)
傷が治りにくい

以上のものは糖尿病に限ったことではありませんので気が付きにくいものです。

これらの症状に気が付いたら速やかに血糖値測定をするべきです。

 

糖尿病(とうにょうびょう、拉、独、英:diabetes mellitus、DM)は、血糖値(血液中のグルコース(ブドウ糖)濃度)が病的に高い状態をさす病名である。東洋医学では消渇と呼ばれる。

ではいかなる数値の場合に糖尿病と判断されるのだろうか。

糖尿病は血糖値(空腹時血糖値、75gOGTT2時間後血糖値、随時血糖値)及びHbA1cの検査結果で判定を行う。

①血糖値の正常値・食後血糖値・空腹時血糖値
②空腹時血糖値 126mg/dl以上
③普段の血糖値 200mg/dl以上
④食後血糖値 200mg/dl以上
⑤ヘモグロビンA1c(hba1c)6.5%以上

採血時、①~⑤のいずれかに該当する場合に糖尿病と診断される。

定期健康診断や随時診断において一度採血して血糖値を測ったみることが糖尿病発見の重要なカギとなります。

糖尿病と判断されたら医師と相談の上適切な治療を開始することが望まれます。

というのも怖いのは糖尿病そのものよりもむしろ合併症なのです。

糖尿病は万病の元と言われるぐらい様々な病気を引き起こします。

糖という毒が血管を縦横無人に駆け巡っているといってよいでしょう。

合併症は多彩であるが、糖尿病性神経障害・糖尿病性網膜症・糖尿病性腎症の微小血管障害によって生じるものを、糖尿病の「三大合併症(triopathy)」といわれる。